LIBERALIST.COM(リベラリストドッドコム)

ぎりほり女子 アイルランド ワーキングホリディ留学 体験記♬

ヨーロッパの紫外線量〜アイルランド〜

 アイルランドにワーホリに来ている
Akinaです。

 

 今日は女性には大敵の紫外線量のお話。

 

ヨーロッパの紫外線量って
日本より強いと思いますか?
それとも弱いと思いますか?

 

f:id:liberalist926-com:20180712053133j:plain



私の体感では、

日本より強く感じます!!!


紫外線の強弱って、

何で決まるのかというと
緯度と大きく関わってきます。

 

緯度の低い所の方が紫外線量が強くなります。

(赤道に近いということ)

 

なので
日本とヨーロッパのアイルランド・イギリスあたりですと
日本の方が緯度が低いので、
日本の方が紫外線量が強くなります。

 

しかし
日本に比べ、アイルランドやイギリスの方が紫外線が強く感じます。

 

なんで日本より紫外線が強く感じるのか?

 

自分なりにまとめてみました。

 

①空気が乾燥している。


ヨーロッパは空気が年中乾燥しています。
空気中の湿度が高くなると、水蒸気が紫外線を吸収したり、散乱させたりで紫外線は弱なります。
ですので、日本の方が緯度が低いので紫外線量が多いですが、湿度が高いので、

少し和らいでいる。
私のいるアイルランドやイギリスは、
緯度が高いので、紫外線量は理屈からいうと低くなりますが、
湿度が低く、空気が乾燥しているので、理屈的には紫外線量は日本より低いですが、強く感じる。

 

う〜ん。
結局どっちが強いの?って感じですね(笑)

 

②日照時間が長い


日本では夏でも遅くても19時くらいに日は沈みますが、
アイルランドやイギリス、その他ヨーロッパ各国の夏は22時でも外は明るく、

まだ日が出ています。

日本より日照時間が長い分、紫外線量が多い時間帯も長いってことですね。

 


体感温度の違い


これはヨーロッパの方が空気が乾燥し、湿度が低い分、同じ気温でも涼しく感じます。

なので
おー今日はめっちゃ涼しいやん!!って、油断してると、

うっかり日焼けしてたってことがあります。

 

 

結局日本とアイルランド・イギリスの紫外線量
どっちが強いの?って感じですが
私個人的にはヨーロッパの方が強く感じます。

 

※この見解には根拠はありません。
ただ7年間エステティシャン 3年間アロマセラピストとして美容業界にいた私の独断と体感です(笑)


美容のために紫外線対策は
するに越したことはありません!

 

油断せずに
しっかり紫外線対策をして
楽しんでください〜。