LIBERALIST.COM(リベラリストドッドコム)

ぎりほり女子 アイルランド ワーキングホリディ留学 体験記♬

アイルランド アラン諸島(Aran Island)へ行ってきました。

アイルランドにワーホリに来ている
Akinaです。

 

 

アイルランドの西側
ゴールウェイ湾に浮かぶ

アラン諸島(Aran Island)
日帰りで行ってきました。

 

写真を投稿  

 写真を投稿
今月のファイル利用量 0%
 
 
 
 

f:id:liberalist926-com:20180811073004j:plain

アラン諸島
古代ケルトの人の遺跡が数多く残っていて
石灰石という岩盤でできています。

 


アラン諸島
3つの島から成り立っています。


f:id:liberalist926-com:20180811071412j:image

手前の小さい島から


イニシィア島(Inis Oírr)
イニシュマーン島(Inis Meáin)
イニシュモア島(Inis Meáin)

 

それぞれ島には特徴があるそうですが
今回は1番手前の
イニシィア島に行ってきました。

 

友人いわく
景色が一番キレイなのは
このイニシィア島だそうです。
(他にまだ行ってないのでわかりませんが…)

 

アラン諸島へは
フェリーで渡ることになります。

 

フェリー乗り場は
Galway

もしくは
モハーの崖のそばの
Doolinという街の二か所です。

 

私は

Doolinにあるフェリー乗り場から向かいました。


f:id:liberalist926-com:20180811071529j:image

 

 

http://www.buseireann.ie/

こちらのバス350番を使い
フェリー乗り場へ向かいます。


バスはフェリー乗り場で止まりますのでご安心を。


フェリーのチケットは
当日窓口で購入も可能ですし
事前にインターネットでも購入可能です。

 

 

Doolin ferryのサイトはこちら

www.doolinferries.com

タイムテーブルもこちらのサイトよりご確認下さい。

 

 

 

Galwayから行かれる場合はこちらから

www.aranislandferries.com

 

 

 

アイルランド本島より
1番近い
イニシィア島まではフェリーで30分ほど。
f:id:liberalist926-com:20180811071607j:image


変りやすいアイルランドのお天気ですが
この日は晴天で天気がよく
絶好のアランアイランド日和でした。

 

 

イニシィア島へ到着!

 


あまり事前予習をせずに行きましたが

期待以上の絶景!!


f:id:liberalist926-com:20180811071815j:image

海がほんっとにキレイです。

 

この日は8月。
気温 18℃ほどですが、海水浴を楽しまれている方も多数!

 

住人の方も多数いらっしゃいます。


カフェもいくつかあり
この海の景色を眺めながら
スコーンとコーヒーを頂きました。

 


その後は
徒歩+自転車にて島内散策。

 

f:id:liberalist926-com:20180811074716j:plain

 

自転車も€10ほどで1日レンタルできます。

 

 


f:id:liberalist926-com:20180811072031j:image

これに乗ることもできるのでしょうか?

 

 






広い島内を自転車でサイクリング。


f:id:liberalist926-com:20180811072231j:image

 

とても気持ちがいいです。

 

アラン諸島石灰石で出来た島の為
土がなかったようで
砕いた岩と海藻を混ぜて土を作ったそうです。


また
風が強く吹くため、
その風から作物を守るために石垣が立てられたそうです。


f:id:liberalist926-com:20180811072302j:image

この特徴的な風景が一面に広がっていて
ずっと
見ていても飽きません。


f:id:liberalist926-com:20180811072616j:image


f:id:liberalist926-com:20180811072818j:image


f:id:liberalist926-com:20180811072852j:image

あっという間に
フェリーの最終時刻17 :00を迎えました。

 

アイルランド本島とは
また魅力が違い、島だからこそ
強く根付いているケルト文化を肌で感じることができました。


モハーの崖からもすぐそばです。

 

 

ぜひ皆さんも
アイルランドケルト文化を直接肌で
感じてみて下さい。