LIBERALIST.COM(リベラリストドッドコム)

ぎりほり女子 アイルランド ワーキングホリディ留学 体験記♬

東京オリンピック2020 オリンピックボランティアに応募しました。

 アイルランドにワーホリに来ている
Akinaです。

 

2018年 9月26日より
東京オリンピックのボランティアの募集が始まりました~!!

 

tokyo2020.org


この東京オリンピックのボランティアの存在を知るきっかけが

こちら

 

f:id:liberalist926-com:20180510230707j:plain

国際スポーツ大会のボランティアを目指すための

IALC(国際語学学校協会)が支援する留学奨学金

 

こちらに応募したのがきっかけで
ありがたいことにイギリスのリーズにて奨学生として
語学学校に通うことができました。

 

日本で開催されるオリンピック!
きっと私が生きている中で最初で最後の日本でのオリンピック!(笑)

 

ぜひ私もこの日本の一大イベントに
何らかの形で携わりたいと思い、応募しました!

 

<東京オリンピック ボランティア 応募方法>

 

tokyo2020.org


上記のウェブサイトよりアクセス。
スマホ・パソコン・タブレット可。

 

所要時間は30分ほどだそうですが
機械オンチな私はもっとかかってます(笑)

 

しかし
途中いつでも中断・再開可能なので
気軽な気持ちではじめてください( ^^)

 

 

 【応募フォームの入力に必要な情報】

  • STEP1           氏名、性別、生年月日、写真、必要な配慮・サポート など
  • STEP2           住所・連絡先、緊急連絡先 など
  • STEP3           ボランティア経験、就学・就労状況
  • STEP4           語学、スポーツに関する経験、運転免許証の有無 など
  • STEP5希望する活動(期間、日数、場所、分野) など
  • STEP6参加規約・プライバシーポリシーへの同意

   ※出典元 東京オリンピックwebsiteより

 

 

基本的な名前や住所などの情報から
言語のレベル、活動可能な時期や日数など。

 

Step1~Step6の6ページの各項目に答えていくだけなので、むずかしくはありません。

 

 

しかし
ちょっと手間取った項目は…

・写真
・ボランティア経験
・ボランティア参加への意気込み

この3つの項目でした。

 

 

1.写真


 カラー
 本人のみ(正面・口を閉じた自然な表情)
 顔の妨げとなるものをつけていない
 背景は白または薄い単色
 2018年4月以降に撮影

 

証明写真のような写真です。

この条件を満たす写真のデータで用意しなければならなかったこと。

この写真をスマホで撮影したり、そのための準備に手間がかかりました。

 

 

2.ボランティア経験

ボランティアの経験はあるものの、このようなオフィシャルなボランティアのエントリーに、どこまで記載していいものかと、悩みました。

 

少しでもアピールに繋がればと、正直に記載してみました。(地域活性イベントのボランティアなど)

 

 

 

3.ボランティア参加への意気込み


こちらは自由記述式です。
参加への意気込みを記載して下さいと言われると、いいことをかかなければと思ってしまうのは、私だけでしょうか(笑)

いいことを考えるのに、結構時間を使いました(笑)

 

 

 


最後に
メールアドレスの認証メールがきて、応募登録終了!


あと約2年弱にて、
日本データ東京オリンピック開催です。


東京オリンピックのボランティアについては
様々な声がありますが
わたしは、決してお金には変えることのできない、想いや経験を得られることをとても楽しみにしています。

 

このワーキングホリデーも同様です。

 

勇気を出してアイルランドに来て
得られた経験は何よりの宝物です(^-^)

 

皆さんも
ぜひワーホリで得た語学力を活かして
東京オリンピックのボランティアに参加してみませんか?

 

そんな同じ想いを持った同士がいらっしゃれば
嬉しいです(^-^)